先日母が毛染めをしてほしいと言って来ました。

一週間ぐらい前に屋外にある鉄の階段から滑り落ちたと聞いていました。

それから寝続けていたらしいですが、湿布を貼っておけばいいと診断されたと

聞いていたので、そうなんだと思っていました。

母と待ち合わせをして迎えにいくと、話しかけても反応がおかしい・・・

目つきもいつもと違うし、鎖骨の所に骨が飛び出していて全く手が上がらない状態でした。

毛染めどころではない。

でもしてほしいと言うので塗りました。

ふぅ~と寝てしまうのです。

物凄く動揺してしまいました。

そして姉に電話で状態を伝えました。

鎖骨の画像を送り、母に同調して気になる部分にエネルギーを入れてもらいました。

すると、みるみる元気を取り戻して顔まで若返ってきました。

ハイネックのセーターを着ていましたが、怪我をした日から着たまま脱げていないそうでした。

次の日には腕が上がって着替えも出来ました。

驚きの変化でした。

驚きといえば義母もエネルギーを入れてもらってから変わっています。

母は、見たことがないくらい義母が穏やかな笑顔をしているので驚いていました。

「お姉ちゃんのお陰で嘘みたいに楽になった!」と何度も言っています。

私の所に母が住むことになりました。

今朝は早朝から畑仕事をしてくれていましたとても元気です。

今までボランティア先で寝泊りして、早朝から畑の草むしり等をしていましたので、

習慣になっているようです。が、私の所は住宅に囲まれた畑なので早朝は迷惑がかかるのでとやめてもらいました


ボランティア先に置いていた荷物を取りに行き、そこにおられたヘルパーさん達にお礼を言っていると、

認知症についての話になりました。

認知症を恐がっておられる方もそこにおられ、

ヘルパーさんが、認知症になって、穏やかな方、自分勝手な方、ネガティブな方などがおられるけれど、

それは、その方が持っているものが出てくる、だから自分の中を綺麗にしておかないとね!とおっしゃいました。

そして介護をする時、中身が綺麗な方のお世話は気持ちよく出来る!とも。

私もそう思いますと、義父の話をさせていただきました。

そこにいる人たちと、何も無い状態になれるように頑張りましょう!!と盛り上がりました。


高齢者と一緒に生活するのは色々あります。

逃げ出したくなる事もあります。

最近、私のまわりで認知症の親御さんで悩んでおわれる話ばかり聞きます。

そこに何かあるのだろうか・・・と考えています。

姉もその方がご本人らしく生きていけるお手伝いをしたいと探ってくれています。






改めて愛の無さを

痛い!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。