今日の朝方にリアルな夢を見ました

登場する人物は知っている人ではありません

でも、よく知っているご夫婦宅で2泊させてもらっているという夢でした


昨夜、ある事について深く見つめていました
 
ひとつの元となるものから、色々な感情が出てきていて

その元となっているものは、何なんだろう


夢の中で、そのご夫婦と過ごすなかで、たくさんの感情が出てきました

感情をむき出しにして怒っていたり、泣いたり、心の中でひがんでいたり、

羨ましく思ったり、比べていたり

愛や、感謝というものとは程遠いものでした


起きてから忘れないように、こういう時こういう感情が出てきた

というのを箇条書きにしました

昨日考えていた答えのような夢だったんだと思いました

それは枝葉となっているものが

たくさんの感情となっている

元となるものと枝葉のどちらもしっかり見なくては



自分の視野がなかなか広がらなくて

見直しをしても浅い見直ししか出来ていないからなのか

もっと深いものがあるのかと考えていました


子供の頃から、過去世を思うと暗いものを感じていました

何か持って生れているような 

姉から潜在意識に刻まれたものがあると聞き、

まず、どういう時にこの感情がでてくるか

子供の頃からの出来事をたくさん思い出してみました

そこには共通するような出来事が起こっていました

もっと深く過去世にまで戻ってみようと

イメージでそこに入っていくようにしてみました

過去世で何があったのだろうかと


うっすらとビジョンが見え、囚われているようで、自分の潔白を訴えているようでした

でも信じてもらえず、とても強い口調で恐ろしく怒鳴られています


こういう体験をしていたのか

今世で出てきている感情は、そこからのものなんだと思いました

すると、腹部から喉の方に何かが上がってきました

刻まれたものが上がってきたのかな


視野をチェックすると、少し広がり、

「一番高い次元になります」と思うと、上がり方が変わっていました


姉も気付いてくれていたようで、軽くなってると言ってくれました


朝見た夢についても深く見つめてみたいと思います


自分を見つめる方法がなかなか掴めずにいましたので

やっと一歩踏み出すことが出来た気がします

難しく考えていましたが、そうなんだと嬉しくなり、光が見えてきた気がします


潜在意識に刻まれたものがあるという事に気が付いてくれた姉に感謝です

自分で気が付かないといけないのに、いつも解決の糸口を探してもらっています


もっと視野を広げ自分で掴めるようにしたいと思います






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。