姉にセッションで入れたエネルギーを全て取るという事をしてもらいました。

身体がドンと重くなりました。

重力を感じるというか下に引っ張られているように感じました。

身体だけではなくハートの辺りも重くなってきました。

じっくり変化を感じれば分かりやすかったかと思いますが、

良い感じではないので、直ぐに元の状態に戻してもらいました。

私は歩くのが苦手です。

5分の距離が長いと感じて自転車などを利用していました。

歩くと足が痛くなり、パンパンになっていたので歩き方に問題があったのだと思いますが。

セッションを受けた後、いつぐらいかから疲れなくなっていました。

すーっと移動している感じがします。

他の作業をしていても疲れ方が以前とは違います。

出掛けていて家に帰るとグッタリ疲れたとなっていたのが、今はありません。

眠くなることはありますが。

昔から姉は歩いているイメージが無く、浮いているように移動しているように思っていましたが、

私もそんな感じで移動しているように思います。

入れてもらっているエネルギーを取ってもらう事で、その違いを感じさせて頂きました。

戻してもらうと、重心が中心に寄って上に引っ張られていきました。

目の感覚も違います。

上手く表現が出来ませんが、ここに居て違う世界にいるような・・・。


他にチャクラの活性化等をしてもらいました。

もう随分前にしてもらっていましたが、その時とは姉のエネルギーが変わっている事を感じました。

チャクラは入っていくエネルギーを強く感じ、一箇所ずつ大きく明るく回転しているように入っていきました。

脳を一つにするというのは、左右がぐっと中心に寄りました。

それぞれのエネルギーがパワーアップしています。


昨夜寝る時、耳に聞こえる音がいつもと違っていました。

奥深い所で心地よい音が聞こえていました。

今朝目覚めると、まだ5時半・・・もう少し寝ようとお布団に入りました。

リアルな夢を見ました。

お義姉さん(義兄の嫁)が出てきました。

あまりにも無責任な言動に、私は泣いて訴えていました。

何を言っても通じなくて、義姉の両腕をつかんで全身で揺さぶって喚いていました。

自分の事しか考えていない!自分以外の事はどうでもいいの???みたいな

義姉に遠方へ行くバスの切符を買ってきてもらっていました。

切符を見て、なんて心ないんだろう何も考えていないと思いました。

姉の言葉が出てきました。

バスの券の売り場は3箇所あって、それぞれバス会社が違う。

少し遠いけど、この2箇所のバス会社のバスはこうこうこうだから、そこがいいと思うよと説明してくれていました。


何を選ぶのかは自由。

何でも良いではなく、少し遠く困難ではあるけれどそれを選びたい!なんて思っていました。


そのリアルな夢から、

義姉への気持ちがゲームの途中でそのままにしていた事を思い出しました。

ちゃんと終わらせないと!と思います。

エネルギーを入れてもらい、まだ残っている問題点に気付かせて貰いました。



ワクワクすることは?と思っても出てきません。

ちゃんと魂と繋がれていないから、本当にやりたい事がわかりません。

まだまだ概念を外せてない・・・

泥沼からどの位出ているかやってみました。

やっぱり下半身重いです。

親族のもやってみました。

目に見える世界しか信じないという者は頭の上までスッポリ泥の中。

小さい子はお母さんに繋がっていて、お母さんがスッポリなので

下方向に引っ張られて、ハートは泣いていました。



この世界どっぷりで、見える世界が本当ではないという事を分かっていなかったら

繋がること出来ません。

寝るとき、こういう風に思考を変えたらどうだろう・・

と考えていたら、身体や脳が動き出すというか揺さぶられるような感じになり、

こういう感じで見て行ったら良さそう と思いながら反応が強すぎて何も覚えていませんでした

泥沼に入っている状態は自分の思考により変化します。

あ~どっぷりな考え方してしまった!となるとズンと泥に深く入ってしまいます。

そこから出られたら違う世界を体験できそうな。

どんどん思考を変えていきたいです。



昨夜寝ようとお布団に入ると、寒い!でも気温が低くないので

毛布と掛け布団で十分だと思いました。

どんどん冷えて痛いぐらいになってきました。

そう言えば2,3日前に姉が湯たんぽを用意して寝たと言っていました。

少しブルっとなったそうです。

眠くて湯たんぽをすることが出来ず、分厚い靴下とダウンベストを着ました。

それでも全然温まらず、長い時間眠れませんでした。

よく分からなかったですがヴィジョンが見え、上へ引っ張られるような感じに何度もなりました。

おー呼吸が苦しい、身体ごと引き上げられるような。

かなり長い時間続いたように思いました。

寝てないけど朝はスッキリ起きられました。


義母はディサービスから夜桜を見に連れてもらいました。

雨が降り、車で回ることになったそうです。

義母が車の中で「オーワンダフル!!」と言ってテンションが高かったそうで、

職員さんたちがワンダフルという言葉を面白がって何度も言って盛り上がっていたそうです。

物凄く楽しそうでした

帰ってから、ハイテンションで何度も聞かせてくれました。

いつもなら、全く記憶が残っていないのと夜出掛けるのは機嫌が悪くなるので、

もし機嫌が悪くなったら何時でも迎えに行きますと言って待機していました。


楽しそうな姿を見ると、私も楽しくなりました。


義母は2~3日前からとても軽くて明るいです。

姉もブログで書いてくれていましたが、自分しか見えていなかったのです。

初めて聞いたのですが

デイサービスの職員さんがして下さることが有難いと言っています。

家族のようなものとも言い、感謝の言葉を言うようにしているそうです。

狭かった視野が拡がったように思います。

他の方のブログに、認知症の方お二人が調子が良かったと書いておられましたが、

今日お話させてもらった介護のお仕事をされている方は、昨夜は皆さん良く寝られたと言われていました。

夜勤の時は色々あるようですが。



母が来てから3週間になります。

鎖骨の所を脱臼していて手術をしないといけないと言われていましたが、

飛び出していた関節が収まってきて、腕もしっかり上がります。

畑で土が固くて使っていない場所をクワで深く耕してくれています

水族館の年間パスを買ったり、映画を何本も観に行ったり楽しそうです。

今日は老人センターの絵画教室の申し込みをしていました。

今朝は早朝からお化粧して元気そうに散歩していました。

お化粧はもうしたくないと言っていたのにアレ?という感じです。


ここのところ義母と接する時間が減ってしまい、少し調子が悪くなっていました。

ディサービスで絶対お風呂に入らないと言ったり、夜寝て貰えなかったりしました。

私の気持ちの問題だと思いました。

母の事をする時の気持ちと、義母の事をする時とは違う事に気付きました。

義母に申し訳ない・・・と思いました。

私は自分というものが強いという事になんだと思います。

全ての人を同じように愛すことが出来ていないと大変反省しました。

そんな事を考えていると、義母が通っている病院で認知症についての冊子を頂きました。

形だけでなく心が大事で、愛をもって安心してもらえる介護をしてください。というものでした。

不安が症状を悪化させる・・


姉が認知症のエネルギーを入れてくれましたが、

プラス、私の問題点を見直さなければいけません。




先日母が毛染めをしてほしいと言って来ました。

一週間ぐらい前に屋外にある鉄の階段から滑り落ちたと聞いていました。

それから寝続けていたらしいですが、湿布を貼っておけばいいと診断されたと

聞いていたので、そうなんだと思っていました。

母と待ち合わせをして迎えにいくと、話しかけても反応がおかしい・・・

目つきもいつもと違うし、鎖骨の所に骨が飛び出していて全く手が上がらない状態でした。

毛染めどころではない。

でもしてほしいと言うので塗りました。

ふぅ~と寝てしまうのです。

物凄く動揺してしまいました。

そして姉に電話で状態を伝えました。

鎖骨の画像を送り、母に同調して気になる部分にエネルギーを入れてもらいました。

すると、みるみる元気を取り戻して顔まで若返ってきました。

ハイネックのセーターを着ていましたが、怪我をした日から着たまま脱げていないそうでした。

次の日には腕が上がって着替えも出来ました。

驚きの変化でした。

驚きといえば義母もエネルギーを入れてもらってから変わっています。

母は、見たことがないくらい義母が穏やかな笑顔をしているので驚いていました。

「お姉ちゃんのお陰で嘘みたいに楽になった!」と何度も言っています。

私の所に母が住むことになりました。

今朝は早朝から畑仕事をしてくれていましたとても元気です。

今までボランティア先で寝泊りして、早朝から畑の草むしり等をしていましたので、

習慣になっているようです。が、私の所は住宅に囲まれた畑なので早朝は迷惑がかかるのでとやめてもらいました


ボランティア先に置いていた荷物を取りに行き、そこにおられたヘルパーさん達にお礼を言っていると、

認知症についての話になりました。

認知症を恐がっておられる方もそこにおられ、

ヘルパーさんが、認知症になって、穏やかな方、自分勝手な方、ネガティブな方などがおられるけれど、

それは、その方が持っているものが出てくる、だから自分の中を綺麗にしておかないとね!とおっしゃいました。

そして介護をする時、中身が綺麗な方のお世話は気持ちよく出来る!とも。

私もそう思いますと、義父の話をさせていただきました。

そこにいる人たちと、何も無い状態になれるように頑張りましょう!!と盛り上がりました。


高齢者と一緒に生活するのは色々あります。

逃げ出したくなる事もあります。

最近、私のまわりで認知症の親御さんで悩んでおわれる話ばかり聞きます。

そこに何かあるのだろうか・・・と考えています。

姉もその方がご本人らしく生きていけるお手伝いをしたいと探ってくれています。